見たい、聞きたい、話したい…
ここにはそれがある。
あした使えるはなしのたね
2023年発行

広末涼子、ちょっとかわいそう…ラブレターを晒されCM削除に謹慎処分…週刊誌はやり過ぎ?

W不倫という大スキャンダルで日本中を騒がせている広末涼子さん。

お相手である鳥羽氏ともどもお互いの関係を認めましたが、2人の赤裸々な手紙のやり取りまでもが暴露されるなど、まだまだ沈静化する気配はありません。

もちろん不倫はいけないことであり批難されて然るべきですが、世界中に恥部を晒されてしまった広末さんに対しては…

  • さすがにちょっとかわいそうじゃね?
  • いじめじゃん、もう
  • ジャニーズのCMは止めなくていいのか!

など、同情の声や性絡みのスキャンダルで渦中のジャニーズと比較する声も挙がっています。

この記事では、広末涼子さんの不倫騒動を改めて振り返りつつ、彼女に集まる同情の声についても触れていこうと思います。ただ、断じて不倫を肯定するつもりはございません。

広末涼子に集まる同情の声

思った以上に「広末かわいそう」の声は溢れています。やはり今回の報じられ方には少々違和感を覚える方が多いのは事実のようですね。

広末涼子・不倫騒動

では、広末さんの不倫騒動を改めて少し振り返っておきましょう。

当初は否定も…

広末さんに文春砲が炸裂したのは6月7日。ミシュラン一つ星シェフで料理界の革命児と言われる鳥羽周作氏とW不倫関係にあると報じられたのです。

広末さんは文春の突撃に対して当初は否定していました。文春によると

「不倫の事実はない?」

と念押しする同誌記者に対して次のように反論していた。

「(さらに興奮して)はあ、ありません! 絶対にありません! 子ども3人いるんです。ありません!

といった具合でかなり強めに否定をしていたので、どうせまた週刊誌特有の捏造記事だろと思った方もいたことでしょう。

しかし…

手紙の存在で一転、事実を認める

事態が急転したのは6月14日、広末氏、鳥羽氏の双方がお互いに不倫関係を認める謝罪文を発表。

これだけでも衝撃でしたが、更に文春は広末さんが鳥羽氏に宛てた直筆の手紙を公開、この内容がまた大きな波紋を呼びました。

〈こんな風に本気でぶつかり合って求め合って、ひとを好きになったのは初めてなのかもしれません〉

〈世界でいちばん☆大切で 愛しい恋しい周作さんへ

 今日からしばらく、距離的には遠くなってしまい、ちょっと離れ離れです。…私の都合で、うちの予定なクセに、淋しいとか、、言うの、変だし、勝手だよね(涙)てね、私もね、分かっているんだよ。本当。

 でもね、寂しいもんはさみしいし(涙)理由や状況はどうであれ、さ…〉・・

出逢ってくれて、会ってくれて、合ってくれて、くっついてくれて、入ってくれて、泣かせてくれて、きもちくしてくれて、いつもどんな時もあなたらしく居てくれて、対峙してくれて、本当にほんとに、ほんとうに、、ありがとう。心からのありがとう。

当初は不倫を否定していた2人でしたが、おそらくはこの手紙が報じられることを知り、もう逃げられないと観念したのでしょう。

タレントさん本人や事務所には週刊誌側から「このような記事を載せます」と事前に報告があるようで、さすがにこの内容の手紙が公開されてしまっては、何をどう足掻いても無理だと判断したのだと思われます。

↑丁寧な文字が哀しくも本気を感じさせる

無期限謹慎処分にCM全削除、違約金数億円

これを受け、事務所は広末さんを無期限謹慎処分に、そしてCM契約4社は広末さんが出演しているCMをすべて削除。

広末さんの現在のCM出演料は1社あたり約3500万~4500万円とされており、その違約金は4本分を単純計算すると1億4000万から1億8000万円となる計算です。

しかも広末さんクラスともなれば、1、2年後の仕事の話も進んでいるのが普通。無期限謹慎処分によってそれらもすべて白紙となったことを考えると、金銭的ダメージはさらに大きなものになると思われます。

集まる同情の声

いかなる理由があれ、不倫はいけないことです。事務所が下した謹慎処分もCMの違約金も、紛れもなく広末さん本人が行なったことに対する処罰ですから当然のことでしょう。

しかし手紙の公開は…少々踏み込み過ぎという気がしてなりません。これを公開するのは、広末さんを嘲笑の的にしようとしているとしか思えないのです。

著名人も言及

手紙の公開に関しては、著名人からも同情の声が聞こえています。

那須川天心選手「許せない」

格闘家の那須川天心さんは自身のインスタグラムで、広末さんの手紙をディスっているツイートを引用し

良くない事であろうと人の気持ちを馬鹿にする奴は許せない

とコメント↓

これは広末さんの手紙が本当の気持ちであること、鳥羽氏への愛情が並々ならぬものであることを踏まえて、不倫は良くない事だとしつつも擁護した形です。

ネット上では「どうせ天心は広末のファンなんだろ」などとツッコまれていますが、そういうことではない気がします。

誰だって他者に知られたくないほど無垢で純な感情というものがあるはずです。それは恋心だけでなく、夢や希望、はたまたプライドといったものも含めてです。

今回はたまたまそれが有名人の不倫という形で表沙汰になっただけで、そういうピュアな部分まで馬鹿にして嘲笑するのは違うだろ、と天心選手は言いたいのだと思います。

おぎやはぎ・小木氏「集団いじめだよ」

おぎやはぎの小木氏は自身のラジオ番組で今回の件に触れ、これは「集団いじめ」だと発言。

広末さんの手紙を自身の思い出である交換日記と重ね

「交換日記をさんざんやってきた世代だし、交換日記の重みを知っている人間から言わせてもらうと、これを出されちゃうとプライバシーに関わってくるよ。(プライバシー)侵害ですよ。

それを発表するってことは、集団いじめだよ。だからこれ、大人たちが集団でいじめてるとしか思えないね」

と話しました。

実際に手紙の内容は広末さんの本当に内面的な部分であり、それを世界中に公開するのはやはりやり過ぎだと感じているようです。

週刊誌のやり方は下衆すぎる

有名人の不倫となるとLINEのやり取りなどもよく公開されますが、それを証拠としたいなら、事務所や本人に突き付けて事実を認めさせればいいだけです。

今回だって「こういう証拠があります」と最初から広末さんに突き付ければいいものを、はじめは突撃インタビューだけで事実確認し、一度否定させた上で手紙を公開している。

これにより

事実を認めず往生際が悪い、それなのにこんな恥ずかしい手紙をやり取りしていた超一流女優

というイメージを世間に抱かせるわけです(まあもちろんそれは事実なのですが)。こういうコスいやり方をするには理由があって、広末さんのイメージを悪くさせればさせるほど、

  • キャンドル・ジュン氏とは仮面夫婦だった!

とか

  • 子育てそっちのけで不倫相手にゾッコンだった!

とか

  • ベストマザー賞を受賞しているのにこの醜態だ!

とか、その後の記事がいろいろ書きやすくなるからです。

こうして金儲けのためにただただ人を貶めるだけのやり方は、いつ見ても下衆の極みであり、気持ちのいいものではありません。

でも…日本人ってほんとに芸能人のスキャンダルが大好きなんですよねぇ…。実際に金になるから仕方ない面もあるんです。週刊誌は需要に応えているだけというか…

止まらないジャニーズのCM

広末さんのCMはあっという間に削除されたのに、内容は違えど同じくスキャンダルの渦中にあるジャニーズタレントのCMはちっとも削除されません。

事の甚大さを考えると…

故ジャニー喜多川氏の性加害問題により、ジャニーズのタレントに嫌悪感を抱く方が激増したのは言うまでもなく、企業がイメージや世間体を大事にするというのであれば真っ先にそのCMやテレビ番組が中止されてもおかしくないはずです。

これは弁護士の倉持麟太郎氏も同様の指摘をしています。

もちろんジャニーズのタレントさん達は被害者であり広末さんとは立場が違いますが、一個人の不倫と、日本芸能史上最大の汚点と言える犯罪行為と、どちらがヤバい案件かは…考えるまでもないでしょう。

そういった意味でも、広末涼子さんはちょっとかわいそうに思えます。

いや、何度も言いますが不倫はいけないことであり、彼女の行いを擁護する気はさらさらありません。

ただ、芸能人だからと言ってここまで尊厳を傷付けられるのはいかがなものか…そういう声が挙がるのも少しご理解いただけたら幸いです。

広末涼子、やっぱりちょっとかわいそう…週刊誌の陰湿なやり方にはもう辟易

一大スキャンダルとなった広末涼子さんの不倫に対する「かわいそうだ」という声に触れてきました。

広末さんがやったことはいけないことであり、自身の家族含め多くの人に迷惑をかけたのは事実です。それは猛省すべきでしょう。

しかし人に最も見られたくない、知られたくない自分の内側までもが、今回手紙の暴露という形で世間に晒されてしまったのは、さすがに気の毒に思います。

この手紙がどこから流出したものかは分かりませんが、人の尊厳を踏みにじり笑い物にして金を儲ける週刊誌のやり方には正直もう辟易です。

そしてそれを目にする我々も、芸能人のスキャンダルなんかで喜んでいてはいつまで経っても自分に幸せは訪れない、ということに早く気付くべきでしょう。