見たい、聞きたい、話したい…
ここにはそれがある。
あした使えるはなしのたね
NewPost 2021年発行

メットガラ出演の大坂なおみは色々ひどい…都合のいいうつ病にムカつく、引退しろの声も

ニューヨークのメトロポリタン・ミュージアムで開催されたファッションの祭典『メットガラ』(Met Gala)に大坂なおみ選手が登場。

ルイ・ヴィトンの奇抜なデザインの衣装で注目を集めました。

この衣装は自身のルーツである日本とハイチの伝統に敬意を表したデザインになっているとのことですが、本業そっちのけでファッションイベントに登場するその謎行動には大きな批判の声も集まっています。

この記事では、メットガラ出演に関する色々とひどい大坂なおみ選手の行動や、それに対する世間の声などをまとめてみようと思います。

メットガラでの大坂なおみ選手の姿

まずはメットガラに登場した際の大坂なおみ選手の姿を画像で振り返ってみましょう。

よく言えば非常に個性的、悪く言えば何がいいのかよく分からない衣装を身にまとっています。

かなりの時間をかけて作られた衣装

調べてみたところ、このとき大坂なおみ選手が着ていた衣装は完成に150時間かかったそうです。

ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクター、ニコラス・ジェスキエールによる特注ドレスで、大坂なおみ選手の姉である大坂まり氏の意見も取り入れて制作されたのだとか。

日本とタヒチという自身のルーツに迫ったドレス

この衣装は、大坂なおみ選手のルーツである日本とタヒチ(父親がタヒチ系アメリカ人、母親が日本人)に迫ったデザインとなっているようです。

これについて大坂なおみ選手は

「この衣装は私の日本とタヒチの伝統に向けたオード。そのプリントは姉自身がデザインしたもので、素晴らしい鯉のデザインよ。自分たちがどこから来たのかを祝福し、その多文化の背景がすなわちアメリカの多様性だから」

と語っています。

テニスやらずに何してんねん

メットガラで大坂なおみ選手が着ていた衣装のコンセプトや制作秘話は分かりましたが、それを聞いても「あれ?あなたの本業は何でしたっけ?」というのがやはり第一に浮かぶのではないでしょうか。

制作に150時間

先述の通り、この衣装の制作には150時間という時間がかかったとされています。

もちろんその間ずっと大坂なおみ選手が関わっていたわけではないでしょうが、打ち合わせや話し合いなどで相当量の時間がそこに費やされていたはずです。

ここ最近の大坂なおみ選手は、本業のテニスで満足のいく成績が残せているとはとても言えません。

それどころか太りすぎでプレーに精彩を欠いているのではないかとまで言われています。

ドレスのデザインをしている暇があるのなら、少しでも走り込んで体重を落としたほうがいいんじゃないかと思うのは厳しすぎる意見でしょうか…

都合のいいうつ病

大坂なおみ選手は6月に全仏オープンを欠場、その理由として「うつ症状に悩まされている」ことを告白したのは記憶に新しいところです。

これにより記者会見のボイコットや、プレー中のラケット破壊など、理解しがたい行動も多少は許された雰囲気がありました。

ところがどっこい、こうして人前に出て注目を集めるようなイベントには積極的に参加するのかいと…

何ともまあ都合のいいうつ病だこと…というのは世間でも数多く囁かれています。

「しばらくテニスから距離を置きたい」とも明かしていた

3回戦で早々と敗れた全米オープン後、大坂なおみ選手は

「しばらくテニスから距離を置きたい」

と話していました。

トップ選手だけに、我々には分からない苦労やストレスがあるでしょう。そしてそこから少し距離を置きたいと思う気持ちも十分に理解できます。

でも、実際にそうしたのであれば、もう一度自分自身のテニスと向き合うことがまず最初ではないでしょうか。

それをせず、他事ばかりしているのは、ただの現実逃避にしか思えません。

イギリス名司会者が痛烈批判

この大坂なおみ選手のメットガラ出演に関しては、イギリスきっての名司会者・ピアース・モーガン氏も痛烈に批判をしています。

『私を見て!』と叫ぶよう

モーガン氏はこう語りました。

「テニススターの大坂なおみは、今年はほとんどの期間、泣き言を言ったり、コート上でラケットを壊して癇癪を起こしたり、自分の調子の悪さやメンタルヘルスの問題をメディアのせいにしたりしていた。でもメットガラでは、彼女は相変わらず不機嫌な顔で、『私を見て!』と叫ぶようなルイ・ヴィトンのとんでもない衣装を着て、世界中のメディアの前でパレードをした」

不調の原因を他者のせいにしておきながら、自分はやりたいことだけやっているのが納得いかないようです。

メットガラそのものも批判

モーガン氏はメットガラそのものに対しても

「偽善とひどく醜い『オートクチュール』の記念碑としてそびえ立つ、金持ちたちの偽善イベントだ」

と酷評。

一応メットガラは“チャリティーイベント”として開催されており、集まったお金はエイズの研究資金として活用されるそうですが…果たして大坂なおみ選手の出演もこうした研究に役立つ要素になっているのでしょうか。

一部、 好意的な意見も

一連の大坂なおみ選手の行動に対して、好意的な意見がゼロなわけではありません。

大坂なおみ選手のことを応援するファンがたくさんいることもまた事実です。

しかしそのファンも、彼女がファッション界で活躍することが本望だという人はいないでしょう。

メットガラ出演の大坂なおみは色々ひどい…世間の声は批判的な意見が多数!

メットガラ出演で大きな話題となった大坂なおみ選手への反応をまとめてみました。

やはり好意的な意見は少なく、本業であるテニスそっちのけで違うことをやっていることに対して批判の声が多数です。

大坂なおみ選手もすでに23歳。

いつまでも精神的に幼いままではいられません。是非ともこの充電期間に精神面で大きな成長をし、また素晴らしい姿を「テニスで!」見せてほしいところであります。